1/11日にNokia 8.3 5Gのアップデートが降ってきました。

記事が10日以上遅くなってしまい申し訳ないのですが、1/11日にNokia 8.3 5Gのセキュリティアップデートが降ってきました。

f:id:ixixixhi:20210122155715p:plain

こちらの記事

nokiapoweruser.com

 

では、84.46MBのアップデートと表記されていたのですが、私の機種(TA-1243)は118MBのアップデートでした。

もしかしたら、64GB版や、ROMによって仕様が違うかもしれません。

 

ダークモードやスマート返信等にアップデートがあるようですが、体感できる変化はありません。

 

また何か更新があったら記事にしようと思います。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nokia 8.3 Dual Sim 8GB RAM 128GB 5G 青 新品 SIMフリースマホ 本体 1年保証
価格:70746円(税込、送料無料) (2021/1/22時点)

楽天で購入

 

Nokia 8.3 5Gにカメラアップデートが降ってきました。

昨日書いた記事

ixixixhi.hatenablog.com

の修正?アップデートが降ってきました。

f:id:ixixixhi:20210108004737p:plain

以下のURL

 によると

 

ナイトモードのバグ?も修正されたようです。

ナイトモードで写真を撮る事がほとんどなかったので気づきませんでした。

 

現在、私の使用しているTA-1243、RAM8GB、ROM128GBのモデルでは正常にカメラアプリを起動させ、写真を撮る事ができるようになりました。

 

中々早いバグ対応だと思います。

 

またアップデートがあれば、記事を書くかもしれません…。

ラクマで断捨離をしてみたので感想や改善点を書いてみる。

年末年始にラクマを使用して断捨離を行ってみました。

私自身初めて使用し、感想及び使用した後にこうした方が良かったについて書いていこうかなと思います。

ちなみに、約10点程売却しました。

 

 

-感想-

まず、何故ラクマを選んだかについてですが、

メルカリが怖かった(主に民度)

からです。

 

よくTwitter上でも、意味不明な商品を出品している画像や、意味不明なコメントをしている人の画像などが良く話題になっています。

そういった人とやり取りをするのが不安だったため、悪評をあまり聞かないラクマで出品を行いました。

メルカリは使用していないので良く分かりませんが、おそらくメルカリの方が利用者が多いと思うので、すぐ売りたい方はメルカリの方がいいかもしれません。

 

実際、私が出品を行った際には会話が成り立たないような人等に会うことなく、断捨離を終えることができました。

 

また、いらないものがあったらラクマを使用したいなと思えるくらいには、まともな方としかやり取りをすることはありませんでした。

 

しかし、出品した商品にもよると思うので、私の感じた感想が全員感じるかと言えば、そうではないと思います。

ちなみに、私はパソコンの周辺機器等の、所謂ガジェットを主に出品しました。

 

また、私が結局良く分からなかった点は、発送方法についてです。

主流?の配送方法はヤマト運輸or日本郵便を利用するかんたんラクマパックというものだと思います(違ったらごめんなさい)。

 

小さい商品であれば、ネコポス、宅急便コンパクト、ゆうパケット等の配送料を安く済ませることができるサービスがありますが、それに収まらない大きさの商品だと、ヤマトだと宅急便、日本郵便だとゆうパックになってしまい、配送料が7,800円~かかってしまいます。

 

私は、ほとんど安いサービスに収まる値段ではなかったので、2つの配送方法にほとんど違いを感じる事ができずに、どっちを選んでいいのか良く分かりませんでした。

特に私は、どちらの配送方法を使用しても、発送できる郵便局やコンビニまでの距離がほぼ同じだったので本当に違いが分かりませんでした。

 

恐らく、小さいものなら100円安い日本郵便を使用した方が良いのかな?というくらいの違いしか感じられませんでした。

 

-改善点-

次は、私が使用した後に気づいた改善点などを書いていこうと思います。

 

1.レターパックプラスを活用する

まず、一番重要だと思ったのがこのレターパックプラスをうまく利用することだと思います。

私が出品した商品がそれに適合していた事がかなり大きいですが、書いていきます。

まず、レターパックプラスとは、ラクマ側のサービスではなく、日本郵便側の発送サービスです。

これは、指定された赤い封筒に商品を入れ、蓋をすれば送ってもらえるというサービスなのですが、重さは4kgまで、厚さは入ればいいという、かなり規定が緩いサービスです。

更に、送料も520円と、ゆうパックの最低額700円よりも安く抑えることができます。

少し厚みがあるせいで、ネコポス、宅急便コンパクト、ゆうパケット等の配送料が安いサービスを使用できないという場合には非常におすすめできるサービスだと感じました。

緩衝材をしっかりと入れれば、商品に傷がつくというリスクもそこまでないと思いますし、ぜひ活用したいサービスではないでしょうか。

 

2.タグを有効利用する

商品の説明欄に#○○といったような、自分が出品している商品に直接関係のあるワードを書くことによって、検索に引っ掛かりやすくすることができます。

注意点としては、自分の商品とは直接関係のない別の有名メーカーのタグを大量につけている人がまぁまぁ見受けられますが、それは控えた方がいいと個人的には思います。

 

例えば、Razerのマウスを出品しているのにもかかわらず、タグに#Logicoolや、#steelseries等のタグを貼っている商品ページです。

 

検索していて欲しくもない商品がヒットしたら邪魔でしかないですし、悪い印象を持たれる可能性もあるので、控えましょう。

逆に、自分の商品に関連するワードであれば、どんどん追加していった方が、閲覧数やいいねがもらえるかと思います。

 

3.値引き前提の価格を設定する

これは個人的に一番重要な点だと思います。

良くSNS上で晒されているような、ありえない額の値引きを要求するような人はほとんどいませんが、少しの値下げはほぼコメントで言われると思っていた方が良いです。

そのため、自分が最低限この値段で売りたいという額が決まっている場合は、あえてその価格よりも少し高めの値段で出品した方が良いと感じました。

 

最初からギリギリの値段で出品して値下げに応じないよりも、少し高めに設定してコメントに合わせて値下げを行ったほうが購入者からの印象も良くなると感じました。

 

4.写真の綺麗さを最優先する

自分が出品する商品ができるだけ綺麗に映るように写真は撮りましょう。

ここで注意してほしいのが、画素数にこだわってもラクマの出品ページ側で勝手に落とされてしまいます。

 

そのため、画素数ではなく、なるべくほこりや汚れを取って、明るく撮ることに注力しましょう。

 

商品の背景に汚いものや、生活感があるものが映っていない方がより商品が綺麗に見えるかと思います。

 

5.商品の性能ではなく、出品時の状態について表記する

商品ページの説明欄に長々とその商品のスペック等を書いてる人がいますが、そのページにたどり着く人の多くが出品した商品が欲しくて検索していると思うので、個人的にはあまり必要がないと感じました。

それよりも、いつ購入して、どれくらいの頻度で、どのくらい使用したかなどの情報や、商品の何処に汚れやキズがあるか等の情報を詳しく記入した方が購入されやすいように感じました。

 

皆さんも気を付けて、気持ちよく取引できるように心がけましょう。

Nokia8.3のカメラが使えない問題について。

現在(2021/01/07)、Nokia 8.3 5Gにてカメラアプリが起動後すぐに落ちてしまうというバグに襲われています。

(私はモデルTA-1243、128GBの物を使用しています。)

 

私がこのバグに気づいたのは約3日前(2021/01/04)頃です。

写真を撮ろうと思いカメラアプリを起動したところ、3秒ほどでカメラアプリが落ちてしまいました。

 

スマートフォンでたまにある不調だと思い、アプリをタスクキルしてからもう一度起動……しかしすぐ落ちてしまう。

再起動してもう一度カメラアプリを開いてみても起動せず。

 

もしかしてと思いTwitterで検索したところ、ほかにも何人かカメラアプリが動作しないといったツイートをしている人が居ました。

つまり、機種依存のバグですね。

 

公式にリプライを送っている人もいましたが、スルーされていました。

 

-対処法について-

何か対処法がないかと思い。Twitterで検索を続けたところ、一つ見つけることができました。

それは…

本体の時刻を手動で2020年に戻す事

です。

 

はっきり言って意味が分かりません。

ですが、実際に自分のNokia8.3でも試したところ、一度目は落ちましたが2回目以降は問題なく写真を撮ることができました。

何故なんでしょうか。

 

カメラアプリは動くようになりますが、ほかの機能に問題が出そうなので正直言い解決策とは言えませんね…。

 

-なぜこんなことが起こったのか-

ここからは私の推測です。事実とは異なると思います。

 

まず見てほしいのが、公式が行った以下のツイートです。

 

 上記のツイートから察すると、本来Nokia 8.3は2020年内にAndroid11のアップデートを受けるはずなのです。

 

ですが、現在(2021/01/07)未だにNokia 8.3はAndroid11のアップデートを受けていません。

 

私が予想するに、現在のNokia 8.3に書き込まれているROMは2020年までにしか対応しておらず、2021年に日付が変わってしまったことにより何らかのエラーを吐いている状態なのではないかと思います。

そのため、私が現在気づいている不具合はカメラアプリだけですが、プリインストールされているNokia製の他のアプリも不具合が生じている可能性が高いです。

 

また、本来2020年にアップデートを受けるはずだった他の機種についても同じバグが発生している…と思ったのですが、検索してみたところそのようなツイートをしている人を見つけることができませんでした(Nokia 8.1で一人カメラアプリが起動しないというツイートをしている人がいたが2020/12/24にツイートしていた。)。

 

何故8.3でのみそのバグが発生しているのか…謎です。

(正直、8.3は他の部分にも粗を感じる事があったのでそのようなバグが発生しているような気はします)

 

治ったらまた記事にしようかと思いますので、楽しみに(?)していて下さい。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nokia 8.3 5G【Nokiaブランドの5G対応Simフリースマホ】
価格:79800円(税込、送料別) (2021/1/7時点)

楽天で購入

 

Xtrfy M1 今更購入レビュー

世間ではGPRO X superlightが話題になっている中で、ひっそりと(?)発売したXtrfy M1 RGBですが、今回はその前モデルであるXtrfy M1(XG-M1)を中古で購入し、少しの間使用してみたのでレビューを書いてみようと思います。

 


 

 

ちなみに、私の手の大きさは縦18.5cmで、持ち方はかぶせ持ちです。

つまみ持ち、つかみ持ちの方はあまり参考にならないかもしれませんが、ご了承ください。

 

外観

f:id:ixixixhi:20210104075829j:plain

上から見た画像です。

私が購入したものはNiPエディションなので、マウスに書いてあるロゴがXtrfyマークではなくNiPのマークになっています。

 

f:id:ixixixhi:20210104075940p:plain

横からみた画像です。サイドボタンがかなり大きめです。

 

f:id:ixixixhi:20210104080004p:plain

手持ちのG903SEとのサイズ比較。

サイズはかなり近いです。

 

製品の特長

このマウスに搭載されているセンサーはPMW3310で、DPIが400~4000までに対応しています。搭載されているセンサーが古いため、最近のマウスと違い、10000以上のDPIには対応していません。(最近のマウスは大体PWM3360やPWM3389が搭載されている。)

しかし、多くの人はDPI400、800でゲームをプレイされていると思いますので特に自分としては問題ありません。

 

センサーの挙動も特に問題なく、普通の人ではセンサーによる挙動の違いを感じることは不可能でしょう。

 

重量も95gと、最近流行している超軽量マウスと比べれば重い部類になります。

私は69gのXtrfy M4が軽すぎて扱いずらいと感じたため、このくらいの重量はあってもいいかなと思っています。

GPRO X superlightも、OWやAPEX等のマウスをぶん回すような使い方をする人には良いが、CSGOやValorantのような頭を正確に狙う必要があり、そこまでマウスを振り回さないゲームには軽すぎて適していないという意見もあるので、そこは好みだと思います。

 

レビュー

いい点と悪い点に分けて書いていこうと思います。

いい点

・持ちやすい形状

インターネット上のレビューで、かぶせ持ちの人が行きつく良い持ち心地のマウスと書かれていることが多いですが、確かに非常に持ちがこちがいいです。

 

私は、小指や薬指がマウスパットを擦ってしまうのが嫌いなのですが、このマウスは今までのマウスの中で一番自然な持ち方でそれを回避することができます。

また、Xtrfy M4で私が気になっていた手のひらの付け根が過剰に余ってしまうような形状でもなく、非常に持ちやすいです。

 

・適切な重量

上記しましたが、95gはかなり適切な重さかと思います。

どうやら、新製品のM1 RGBが販売開始されたので、こちらの製品は生産中止になってしまうようなのですが、M1 RGBは形状こそ同じなものの重さは86gと、10g軽くなっています。

たった10gだと思う人もいるかもしれませんが、もともと約100gの製品の10gなので、1割も重量が違ってきます。

M1がもう少し軽ければ…と思う人にはベストバイだと思いますが正直10gの重りをつけられるようにする等の前製品を意識した作りにして欲しかったという気持ちがあります。

 

・マウスホイールの硬さ

私はFPS等のゲームで武器切り替えをマウスホイールで行うのですが、ホイールの感触が柔らかすぎて回し過ぎてしまうという事が良く起こります。

Xtrfy M1 は、かなりホイールが固めになっていて、そういった心配が少ない気がします。

クリック感も強く、ホイールをどれだけ回したかが伝わりやすいです。

M4では、ホイールが柔らかいし、クリック感も鈍かったので、この製品も心配だったのですが、かなり良かったです。

 

悪い点

・サイドボタンの押しにくさ

ちなみに、よくインターネット上のレビューに書かれているように、確かにサイドボタンの奥側は押しにくいです。

ですが、私は正直サイドボタンの奥側がすごく押しやすいマウスに出会ったことがないので、特にこれが気になるという事は個人的にはありません。

 

・ケーブルが固い

 

最近流行の疑似パラコードと比べ、かなり細くて硬いケーブルです。

購入時のケーブルの癖も強く、中々取れないです。

マウスバンジーを使用することによりほぼ気にならなくはなりますが、上にマウスをドラッグし、マウスバンジーに近づくと、ケーブルの硬さが気になることがあります。

ちなみに、使用しているマウスバンジーはXtrfy B4です。

 

まとめ

少しの欠点はあるが、持ち心地はかなり評価が高く、爆破系FPSを良くプレイする方にはかなりおすすめのマウスだと思います。

ちなみに、ラクマやメルカリなどで中古が安く転がっていることが結構あるので、新品はちょっと高い…という方は中古を探してみることをお勧めします。

 

 


 

今まで使用したマウス

 自分が使ってきたマウスと、これから使ってみたいマウスについて書いていこうかと思います。

ちなみに、手の大きさは縦18.5cm位で、持ち方はかぶせ持ちです。

 

持ってたマウスたち

Logicool G402


 

最初に買ったゲーミングマウス。2か月くらい使った。

いい点

・持ちやすい

指がマウスパットにつくことなく使えた。手の配置も結構自然だった(気がする)

悪い点

・マウスクリックが軽すぎる

マウスを浮かせてマウスパットに着地させるとクリックが暴発しまくった。当時はPUBGにお熱だったので結構致命的だった。

・品質が微妙

クソ安そうなケーブルと、マウスのどっかにビニールが挟まってて取れなかった。結構使って気になった。

 

今思うと結構いいマウスだったかもしれない。4000円で買えるなら結構いいと思います。これからFPS始める人にはけっこうおすすめできるけど、今なら中華のGPROコピーとかの方がおすすめかな・・・

 

Alienware AW958

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Dell ALIENWARE エリート・ゲーミングマウス AW958
価格:18767円(税込、送料無料) (2020/12/26時点)

楽天で購入

 

みんな知ってるAlienwareだからいいものに決まってるやろと思って買った。2,3年は使ったかな?ちなみにこれが欲しすぎてG402は手放した。

いい点

・かっこいい

とにかく見た目がかっこいい。左右クリックボタンが金属製なのも無駄に高級感があって良かった。

・持ちやすい

つまみ持ちの友人には超不評だったがかぶせ持ちの自分にはめちゃくちゃフィットした。でも持ち上げにくいのは持ち上げにくかったかも。

・意外と安い

DELL直販で買ったらなんか分からんが割引してくれた。多分7000円くらいで買った。

・サイドボタンが変えられる

6ボタンと2ボタンのサイドが付いてきて変えられる。6ボタンしか使わなかったケド…

悪い点

・重すぎ

当時は重いことをデメリットと思っていなかったけど約200gのマウスは重すぎ。これ使ってたから超ハイセンシになった。

・ソフトウェアがゴミ

サイドボタンに戻る、進むが割り当てられないってなんだよ。RazerとかLogicoolのソフトが酷いと言っている人が居るがそんなレベルじゃない。戻るボタンを設定するために自分でAlt+←とかのマクロ組んだわ。今思うとアリエンワー

・センサがゴミ(疑惑)

使ってた時は特にそんなこと感じなかったが、マウステスター的なソフト使ったらばらけまくりで笑った。ソフトとの相性かもしれないので疑惑にしておく。

 

めちゃくちゃ気に入って使ってた。重いって高級感感じちゃうよね。今はモデルチェンジしちゃったから新品ではもう買えないのかな?マウスの生産やめられると長期間使えなくて困るね。

 

Xtrfy M4


 

Twitterで炎上してたらしいマウス。AW958が重すぎたので軽いマウスが欲しくて買った。

いい点

・軽い

前のマウスと比べたらアホ程軽かった。お陰様で感度沼にハマって振り向き50cmとかでOWやらAPEXしていた。ヤバすぎ。

・品質良

とにかく品質が良かった。ボタンの押し心地やら本体のクオリティやら全部良かった。ケーブルもふにゃふにゃでぶん回して使うには最高でした。

・センサの品質が神

センサがめちゃくちゃ正確な気がする。他のマウスよりも丁寧で滑らかに動く(気がする)。マウステスターでもめっちゃ綺麗なグラフが出てきてそれだけで満足度高い。

悪い点

・マウスが小さい

これは確認せず買った自分が悪い。手の付け根がべったりマウスパッドに付いてしまうのが気になって仕方がなかった。つまみ持ちや掴み持ちに変えて使ってみたけどあの持ち方疲れるわ。よく皆あんな持ち方で長時間ゲームできますネ…

・自分には軽すぎた

軽すぎて感度が行方不明になった。軽い=正義だと思ってたのに意外だった。でも世間はもっと軽くの風潮なので俺がおかしいのかもしれない…。軽いマウスでハイセンシの人は化物だと思います・・・・。。。

 

手が小さめの人にはかなりおすすめできる。つまみ持ちやつかみ持ちの人にもおすすめできるいいマウスだと思います。大きめのマウス好きな人はやめましょう。

 

Razer Viper


 

有線の方。無線の方が欲しかったのでとりあえずお試しで買った。ほぼ使いませんでした。

いい点

・軽い

まあまあ軽い。軽いのが欲しい人はいいかも?

悪い点

・ソフトうざい

巷で噂のゴミソフト。確かにうざい。特にパソコン起動するといちいち起動画面が出てくるのがうざすぎ。邪魔。Alienware程じゃないけど使いにくい。

・品質悪

使ってるプラスチック安っぽすぎません?UFOキャッチャーの景品みたいなプラスチックでした。あとホイールクリックの感触がグニャグニャだった。

・持ちにくい

高さがなさ過ぎて持ちにくかった。

 

使い悪すぎて作業ゲーとかのボタンに負担がかかりそうなゲームするときにしか使わなかった。Razerハマる人はRazerしか使わないイメージがあるので自分はそれにならなかったんでしょう。

 

今使ってるマウス

Logitech G903SE


 

結構いいけど100点ではない。

いい点

・持ちやすい

持ちやすい人と持ちにくい人が結構分かれるらしいこのマウスだけど自分は持ちやすい。小指の位置は最初困った。

・ちょうどいい?重さ

自分にはこのくらいの重さがちょうどいいわ。本当は100gピッタリ位がいいけど・・・。

・マウスホイール最高

ハンドスピナー状態とカチカチ状態に変えられるホイールが神。これを作った人は天才。ブラウジングもゲームも快適です。

悪い点

・ポインタ飛び

Logicoolでよく聞くやーつ。自分のはそんなに酷くはないけど2回くらいになった。結構高いマウスなのに…。重症化したら使い物にならないですね。

・品質が微妙

買ってしばらく気づかなかったけどライティングが壊れてて、DPIを表示するライトが何色に指定しても青色が混ざってる。結構高いマウスですよね???自分はゲームを暗い部屋でやるのが好きなのでライティングが特に気になる。今は青色に固定して対策してます。

・充電めんどくさい

無線って充電めんどくさいね。もっと万能だと想像してた。マウスバンジー使ったら線つなげてても分からんし・・・・ちなみにpowerplayは高いしマウスパッドの大きさ足りてないので買えません。ローセンシには厳しい世界。

 

結構いいです。ちなみに、903hにしなかったのは高かったからと、Redditにheroセンサはあんまり良くないってスレがあったから。多分違いは分からないけど気持ちです。G903無印はG903hやG903SEに比べてビルドクオリティが低いって書いてある記事も何個か見かけたので、安く手に入れたい人は注意した方がいいかもしれません。知らんけど。

 

欲しいマウス

GPRO Wireless


 

プロゲーマーやらストリーマーってもとんどこれ使ってるんじゃねえのってくらいみんな使ってるよね。スーパーライトみたいな新型の方はまた自分には軽すぎる気がするのであえて普通の方が欲しいかな。新型のおかげで値段も少し落ち着いてるしね。ちなみに、電気屋で持ってみたけどめっちゃ持ちやすかったです。でもLogicoolお家芸、マウスホイールが壊れるのと、ポインタ飛び、チャタリングが存命らしい。うーんこの。

 

Xtrfy M1(RGB)


 

前使ってたM4よりちょっと大きいらしいマウス。かぶせ持ち最強という記事を何個か見たので気になりますね。RGB版はセンサが新しくなって10g位軽くなってるらしい。旧モデルは中古で安く転がってることがあるのでまずはそっちを試したいかな。旧型の95gの方が自分にはあってそうだし。Dpi(Cpi)も自分は400固定なのでセンサが新しくなっても恩恵は少なそうですし。

 

ZYGEN NP-01

とんでもないプレイをした人が開発に関わっているらしい最近出たマウス。プロゲーマーはGPROからこれに変えてる人も結構見られるので、気になりますね。持ちやすさもおおむね好評らしいので、GPROとこいつが次のトレンドマウスになりそう。

 

Xtrfy M3


 

M1の縦が長くて横がくびれてるやつ(らしい)。縦長が好きなのでこっち方がフィットしそうだが、中古であんまり転がってないし、Amazonとかに新品無くなってるのでそのうち製造中止しそうだよねー。微妙。